Biodynamics Association Japan|バイオダイナミクス


お問い合わせ
0120-888-783


講師紹介


Dr.レイモンド・ガッサー.Ph.D
(Dr. Raymond F. Gasser. Ph.D)


ガッサー博士はルイジアナ州立大学医学部で細胞生物学、および解剖学を教えています。
ドイツのブレッヒシュミット博士に就いて胎生学を研究し引き継いでおられます。
ブレッヒシュミット博士の研究で、オステオパシーのサザーランドD.O.と同じものを発見して記述を残されており、サザーランドD.O.の感じていた事を、胎生学の研究で裏付けをしてくれたと言えます。


エリザベス キャロン D.O.
(Elizabeth Caron D.O.)


C-NMM/OMM, ABIHM, C-Pain Médecine
C-NMM/OMM, ABIHM, C-Pain医学

疼痛治療専門医
神経筋骨格医学/オステオパシー手技療法専門医
統合ホリスティック医学
グッド サマリタン リージョナル メディカル センター
オステオパシー療法及び医療高等教育学科

所属

アメリカ疼痛治療医学学会 2013年9月から現在に至るまで
アメリカ小児オステオパシー学会 2014年1月から現在に至るまで
フランスオステオパシー組合 2012年から現在に至るまで
アメリカオステオパシー学会 (AAO) 2002年から現在に至るまで
アメリカオステオパシー協会(AOA)2002年から現在に至るまで
クラニアルアカデミー 2000年から現在に至るまで
ニューヨークオステオパシー療法協会 2005年から現在に至るまで
バイオダイナミクス教師(ジェームス ジェラスD.O.バイオダイナミクス公認講師)
アメリカ合衆国‐医師免許:ニューヨーク – 医師免許番号: 232133-2004年から現在に至るまで
オレゴン – 医師免許番号: 169680-2004年9月から現在に至るまで
メイン – 医師免許番号: 2270-2011年から現在に至るまで

専門科目

鑑別診断学
内臓マニピュレーション
頭蓋領域のオステオパシー
バイオダイナミクス
小児・産婦人科学・オステオパシー


ヘンリ O ルヴェット D.O.
(Henri O Louwette D.O.)


(E.S.O)
ヨーロピアン・スクール・オブ・オステオパシー(イギリス)

所属

アメリカン・クラニアル・アカデミー(アメリカ)証明書保持
サザーランド・クラニアル・ティーチング・ファンデーション(アメリカ)証明書保持
サザーランド・クラニアル・アカデミー・オブ・ベルギー 創設メンバー&前会長
ベルギー・オステオパシー学校(ベルギー)創設メンバー&前教師
トラディショナル&オルタナティブ・オステオパシー(ベルギー)創設メンバー&現会長
バイオダイナミクス教師(ジェームス ジェラスD.O.バイオダイナミクス公認講師)

専門科目

オステオパシー哲学とそれに沿った実技
ファンクショナルテクニック
バイオダイナミクス

知識のある源から、インスピレーションを得る。これがヘンリ.O.ルヴェットD.O.のアプローチである。つまり教師から生徒へ与えられる教育と創始者の文献研究の上に確立される本物の継承である。
ヘンリは、歴史性と科学的厳密さへの配慮により創始者の文献を翻訳している。
12年間に及ぶアメリカでの定期的な滞在中にアラン.R.ベッカーD.O. ビィオラ.M.フライマンD.O.  アン.L.ウェルズD.O.そしてジェームス.ジェラスD.O. と出会いW.G.サザーランドの教えを受け継ぐ。そしてロバート.C.フルホードD.O. の教えを受けエネルギー療法の扉を開くことになる。
彼は、数年間で健康に関する哲学への前代と現代の道をくまなく歩き回り、現在のオステオパシーの実践に適切な治療行為を再び組み込もうとする。

へンリ.O.ルヴェットD.O.は、ヨーロピアン・スクール・オブ・オステオパシーでD.O.を取得、またサザーランド・クラニアル・ティーチング・ファンデーション公認である。

1992年からアメリカ・クレニアル・アカデミーメンバーで同時にサザーランド・クレニアル・アカデミー・オブ・ベルギーの創設メンバーで会長を歴任している。

38年前からフランス、イタリア、ベルギーでオステオパシーを実践する。
10年にわたりベルギー・オステオパシー専門校で教鞭をとり、今日では、手から手への直接な教育を重視しヨーロッパのさまざまな教育機関で教えている。
そしてさまざまな研究論文も定期的に寄稿している。


ベロニック・エバアーツ D.O.
(Veronique Everarts D.O.)


1981年 モンレアル大学 リハビリテーション科 卒業
1989年 オステオパシー学位、EEO、イギリス、メイドストーン
1989年 ベルギー国立審査学位

オステオパシー・トレーニング

Dr.V.フライマンD.O. Dr.A.ベッカーD.O. Dr. A.ウィールズD.O. に
直接就いて教育および臨床経験を積む。

1989–1992年 ピエール・ハモンド・コース
        ポモナ・カレッジ(COMP) – カリフォルニア州
        ニュー・イングランド大学 – メーン州

1994年 バイオダイナミクス・オステオパシー創始者Dr.ジェームス・ジェラスD.O.に
     直接就いて教育および臨床経験を積む。
1999年 バイオダイナミクス教師陣の一人となる。

実務経験

オステオパシー・センター・フォー・チルドレン、
イギリス(ロンドン)奉仕活動およびDPO(2年間)
新生児経験(イスラエル、エルサレム)
ピエール・ハモンドセンター(ワーキング・チーム/フランス)

1981-1989年 理学療法士として個人開業 
1989年~   オステオパスとして個人開業

教職履歴

1993-2004年 ベーシック・コーステーブル・トレーナー、SCAB Belgium
1995年~   バイオダイナミックス・テーブル・トレーナー、フランコニアUSA
       ピエール・ハモンドセンター(発生学)

組織

1999年~ バイオダイナミクス・フランス・教員メンバー
1991年~ クラニアル・アカデミー・メンバー、USA
1983年~ The SBO・メンバー、ベルギー
1991年~ SCAB・メンバー


フランソワーズ・デロジエール D.O.
(Françoise Desrosiers D.O.)


1967年 モンレアル大学 リハビリテーション科 卒業
1974年 Msc オステオパシ―についての論文において修士号を取得
1988年 オステオパシ―学会 参加

オステオパシー・トレーニング

オステオパシ―の継続的研究
カリフォルニア州  ポモナ大学(COMP)
メ-ン州 ニューイングランド大学
Dr.V.フライマンD.O. Dr.A.ベッカーD.O. Dr. A.ウィールズD.O. に直接就いて
教育および臨床経験を積む。
Dr ジェームス・ジェラス D.O. に直接就いて教育および臨床経験を積む。
1992年~バイオダイナミクス教育課程と臨床
     健康科学の教授法 資格 取得
     オステオパシー・センター・フォー・チルドレンにて研修/イギリス、ロンドン
     Jean-Paul Höppner D.O. と Max Girardin D.O.と発生学、生物動力学、生体力学を研究

実務経歴

カナダ、アメリカ、スイス医療機関、リハビリテーションセンター機関、教育機関(障害児学校)個人病院

教職経歴

-モンレアル大学- 医学部 : 講師
 1. 医学部 -解剖学科 / 8年間解剖
 2. リハビリテーションセンター : 人間の生理学に適応可能な流体力学と物理学 10年
-モンレアル オステオパシ―学会 11年間トロント、ドイツにて
-カナダの会社スーザーランド 共同設立、講師就任

1995年~テーブルトレーナー:バイオダイナミクス モデル オステオパシ― 基礎授業
     アメリカのフランコニアとカナダのケベックにて
1999年~フランス語圏のバイオダイナミクス・モデル オステオパシ―教育学会のメンバー兼 教師

組織

ケベック オステオパシ―登録メンバー(MROQ)  
アメリカンクラニアルアカデミーメンバー  
アメリカSCTFメンバー     
ベルギーSCAB メンバー


マルク・ダモワゾ-D.O.
(Par Marc Damoiseaux D.O.)


『ベルギ-・オステオパシー学校:l’Ecole Belge d’Ostéopathie』でアシスタント(ベルギ-)
『北部(フランス)伝統(オステオパシ-)学校:Collège traditionnel du Nord』で講師(フランス)
『Organizzato da Associazione Corpo e Psiche(イタリア語:身体と精神の有機的な提携』で講師 (イタリア)
『マドリッド・オステオパシ-学校:l’école d’ostéopathie de Madrid』で講師(スペイン)
ベルギ-で講演者
非営利団体『ベルギ-・トンレン:Tonglen Belgique』の共同創立者
非営利団体『小児オステオパシ-: Les enfants de l’ostéopathie 』の共同創立者